元仮面多浪Lumpenのブログ

仮面多浪東大全独受験失敗 ドイツ語受験について書きます。

こんにちは、Lumpenです。

今回は東大の差し替え受験と第二外国語受験(以下、二外受験)について書いていこうと思います。

大雑把な説明
現在、東大受験で選択できる第二外国語はドイツ語・フランス語・中国語の3つです。

説明にあたり、以下の東大英語の設問構成を知っておいてもらう必要があります。 
大問1  要約・長文読解
大問2  自由英作文
大問3  リスニング
大問4  文法・和訳
大問5  長文読解(小説)

差し替えについて
 「差し替え」は大問1~3の英語の問題をそのまま解答し、大問4,5を別ページに用意された他の外国語の問題で解答することを指します。
この場合、出願方法及び受験する教室は英語受験者と全く同じになります。
2013年頃?までは「差し替え」の人が解く問題と「全独・全仏・全中」 の人が解く問題は異なり、前者の方が少し簡単な内容となっていましたが、2014年?以降からは統一されて両者が同じ問題を解くことになりました。しかし、ドイツ語に関して言うと、統一後の問題のレベルは差し替えの問題のレベルに近いように感じます。

二外受験について
「二外受験」は全ての設問を選択した外国語で解答することを指します。
全て英語ではない外国語で解答することから、差し替えと区別して「全独・全仏・全中」とも称されます。
この場合、願書は英語ではなくドイツ語・フランス語・中国語のいずれかを丸で囲って提出し、受験する教室は英語受験者とは別の、二外受験者が集められた教室となります。(理系は本郷、文系は駒場)
僕が受験した際、理系二外受験者は薬学部棟の教室に集められました。
受験者は全部で25人くらいで、再受験者の方が多かった気がします。





問題内容
問題の内容は各言語で異なりますが、問題の構成は殆ど同じになっています。
同一のB5冊子に独仏中全ての問題が掲載されているので、
僕が受験した2019年度・2020年度の過去問を参照して各言語について書いておきます。
過去問を遡ると多少構成が異なるかもしれません。


ドイツ語
大問1  200字要約
大問2  和文独訳
大問3  長文読解
大問4  独文和訳
大問5  条件指定作文・並び替え作文


大問5について補足

条件指定作文 3題
与えられたドイツ語の短文を条件にしたがって書き換え。
接続詞や時制の指定、受動・能動の書き換えなど。

並び替え作文 2題
与えられたドイツ語単語のみを用いて日本語に相当する文を作る。
必要に応じて語形を変化させる。


フランス語
大問1  200字要約
大問2  和文仏訳
大問3  条件指定作文
大問4  仏文和訳
大問5  条件指定作文

大問3  5題
括弧内に指定された一単語を用いて、日本語の短文を仏訳。

大問5  5題
与えられたフランス語の短文を「〜を用いて、ほぼ同じ内容の文に」書き換える。


中国語
大問1  200字要約
大問2  和文中訳問題
大問3  長文読解
大問4  中文和訳
大問5  並び替え作文

大問5  5題
与えられた単語に自分で一文字を加えて、日本語に相当する文を作る。

中国語はおそらく受験者が一番多いのですが、仮面浪人や再受験者の方にはあまりオススメしません。
理由は、問題のレベルが独仏より高く設定されている説が濃厚だからです。
令和2年度の問題を見てみると大問1の文章が独仏よりやや長く、大問2に至っては翻訳する和文の長さがドイツ語の2倍近くあります。
また、僕が受験した時には教室で中国語が飛び交ったり、帰り道に親への受験報告らしき電話を中国語でペラペラとする人もいました。
中国語の問題は、長い期間中国に滞在していた帰国子女の方や中国人の方を想定して作られているのかもしれません。


今回はこの辺にしておきます。


コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. わい
    • 2020年04月29日 18:27
    • part2楽しみです。
    • 0
      • 2. Lumpen
      • 2020年04月30日 00:41
      • >>1
        更新頑張ります。
      • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット